ホーム > 健康 > 目覚めが悪い日が続いている、どうすれば良いんじゃ!

目覚めが悪い日が続いている、どうすれば良いんじゃ!

汗疱(汗疱状湿疹)は主に掌や足裏、または指の隙間などにブツブツの水疱ができる皮膚病で、普通は汗疹(あせも)と呼ばれており、足の裏に出てくると足水虫と混同されることも多くあります。
環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは環状、つまりは輪っかのようなまるい形をした紅色の発疹など、皮ふ疾患の総合的な名前であり、素因はあまりにも様々だといえます。

トコトリエノールの機能は酸化を防ぐ機能が格段に認識されていると思いますが、この他にも肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの産生を抑制したりするというようなことが確認されています。

自動体外式除細動器(AED)は医療資格を有しない方にも取り扱える医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスの手順通りに手当することで、心臓が小刻みに振動する心室細動の処置の効果をいかんなく発揮します。

HIV(human immunodeficiency virus)を持っている精液や血液のほか、女性の母乳、腟分泌液といった類の体液が、乳飲み子等の粘膜部分や傷口等に接触すると、感染のリスクがあります。


加齢が原因の耳の聞こえにくさはゆっくりと聴力が低下していくものの、普通は還暦を過ぎないと耳の悪さをきちんと把握できません。
スギ花粉が飛ぶ時に、幼い子どもが発熱はみられないのにしょっちゅうくしゃみしたりサラサラした鼻みずが出続ける状況なら、残念ながら杉花粉症の可能性があります。

脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂の分泌異常が原因で発病する湿疹で、分泌が異常をきたす原因としてアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの崩れ、ナイアシンなどビタミンBコンプレックスの枯渇などが大きいと考えられています。

春に患者が増える花粉症とは、多く植えられているスギやヒノキ、マツ、ヨモギなどの大量に放出される花粉がアレルゲンとなって、クシャミ・目や皮膚の痒み・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を呈する病気なのです。

「いつも時間がない」「うっとうしい人との付き合いが嫌でしょうがない」「あらゆるテクノロジーや情報の著しい高度化に追いつくことで精一杯」など、ストレスを受ける場面は人によって違います。


常時横向きの状態でテレビを眺めていたり、テーブルの上で頬杖をついたり、ヒールの高い靴をよく履くということは肉体のバランスを崩してしまう素因になります。
基礎代謝量(kcal)は就寝中ではなく覚醒状態で命を保つ(心臓の鼓動、呼吸、腎機能、体温や筋緊張の維持等)のに必要な理論上の最低限のエネルギー消費量のことを指します。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)に存在する血糖値に関与しているβ細胞が損傷を受けてしまったことにより、あの膵臓からほぼインスリンが分泌されなくなってしまって発症するというタイプの糖尿病です。
好気性桿菌のひとつである結核菌は、保菌者が「咳」をすることによって室内に振りまかれ、空中にフワフワ移動しているのを他の誰かが呼吸の際に吸い込むことで拡がっていきます。


むねやけが主訴である逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えて煙草・アルコールの習慣・脂肪過多等のライフスタイルの乱れ、ストレスなどに縁り、殊更日本人に増えつつある病気の一種です。眠いならコレがお勧め。→光目覚まし時計について